« 焼肉見れば腹は減る・・・ | トップページ | 花粉症、再び・・・ »

報道番組の公平性・・・

記事に書こうか、どうしようかと

悩みましたけど

やはり書く事にしました

昨日、報道ステーションを見ていたのですが

国外退去を命じられたフィリピン人

親子のニュースが

とても同情的な内容で放送されていた事に

疑問を感じてしまいました

私個人の意見としては、冷たいようですが

両親の強制退去処分は当然だと思っています

だって、両親は他人名義のパスポートで入国した

不法滞在、つまり違反行為だった訳ですからね

どのような理由があるにせよ、ルール違反者で

ある事には間違いないのですから

この家族だけが特別と言うのは変だと思います

番組で古館さんが

「自分の親戚として考えたらどう思いますか?」と

視聴者に言葉を投げ掛けていましたけど

親戚だって家族だって、犯罪を犯せば

逮捕されるのは当たり前でしょう?

何か『引き裂かれた家族』を重視しすぎて

そうならざるを得ない行為をしてしまった事実が

霞んでしまっている気がしました

報道は、事実に基づいて公平に伝えるべきだと

私は思うのですが、B-CASカード問題のように

自分たちが出資している会社の問題は

一切ニュース報道をしませんし

迂闊にマスコミを信じては

イケナイという事ですね・・・

|

« 焼肉見れば腹は減る・・・ | トップページ | 花粉症、再び・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

不法滞在が見つかって強制退去・・・普通ですね。catface
これって子供だけは日本に残ることになったんですよね?
あまり関心がなかったのでテレビを見てないんですが、
『引き裂かれた家族』を強調してたんですか?coldsweats02
これ、この家族に選択肢がありましたよね?
家族全員で自国に帰るか、娘を残していくかって。
本人たちが娘を日本に残す事を選んだのだから、
ソレでいいんじゃないのかなぁ~?と思いますが。sweat02
不法滞在がいけない事だとは、わかってたでしょうから。
それを今更「どう思いますか?」と問われてもね~。
別に~・・・ですね。think

投稿: 泉 | 2009年4月15日 (水) 午後 03時44分

泉さん、いつもありがとうございますclover
きっと、「何この冷血人間sign01 アンタは人の暖かさが
分からないの? この非人道者のクズannoy」とか
キツイお言葉を言われてしまうと
思っていましたので、ホッとしましたcoldsweats01

報道ステーションでは、間違いなくこの家族に
同情的な扱いをしていましたbearing
確かに、一人日本に残された少女の事を考えれば
気の毒だとは思いますけどdespair
それと罪が許される事は別問題だと思いますgawk
そもそも、そんな現状を生み出したのは
他ならぬ彼ら自身なのですから
この報道は明らかに偏っていると思いましたthink

投稿: mui | 2009年4月15日 (水) 午後 10時33分

これ、ちょっと調べたら、
支援する会と在日特権を許さない会とあるんですね~。
・・・私は在日特権を許さない会の方が
筋が通っているように思いますけど・・・
なんで、この家族にそんな温情をかけてるんでしょうね?
両親が両親とも不法滞在なんだから、
本当は子供も一緒に自国に帰るべきだったんじゃ?
そうすれば『引き裂かれた家族』にならなかったじゃないね?
そもそも両親ともフィリピン人でその子供が日本語しか
わからないなんて事、あるのかしらね~?
家の中ではフィリピンの言葉を使うでしょ?普通。
子供をダシにして特別に許可して貰おうなんて、
ずぅずぅしいと思う。
報道ステーション・・・誰かの感情で報道してるんじゃない?

投稿: 泉 | 2009年4月16日 (木) 午後 03時50分

泉さん、いつもありがとうございます
私も少し調べたのですが、どうも支援する会の方は
黒い影の見える団体だったりするそうですね?
真相はわかりませんけど、とにかく怪しいです

今回のような特例を認めてしまったら
『不法入国しても家族を作れば、永住権が貰える』
そう言う事になってしまいますよね?
そうなれば、不法入国者が続発してしまいますよ
感情論で物事を訴えるのも時には必要ですけど
これは明らかに違うケースですよね~
『可哀想な家族』を引き合いに無責任な報道をして
視聴者を取り込もうとしても逆効果ですよ
報道ステーション、浅はかでしたね・・・

投稿: mui | 2009年4月16日 (木) 午後 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焼肉見れば腹は減る・・・ | トップページ | 花粉症、再び・・・ »