« 遅くなっちゃった・・・ | トップページ | 昨日の続き~ »

パソコンの思い出

私が始めて買ったパソコンは

Windows95のパソコンでした

当時、まだ慣れていなかった職場では

Windows3.1のパソコンで売り上げ処理を

していて、パソコンに疎い私は

「これは少しは覚えなくてはダメだわ・・・」

と思い、かなり無理をしてパソコンを買いました

どれが良いか悩み、どうせ覚えるなら

性能の良いパソコンが良いのかな?と

NECのノートパソコン PC9821 Nb10/S10Fと

いう商品を買いました、38万円もして・・・

この値段は、当時の私にはトンでもない金額で

(今もそうですけど・・・)

ボーナスやら今まで貯めていた貯金やらを

総動員して、清水の舞台から飛び降りる覚悟で

買いました

なぜそんなに無理をして買ったかと言えば

これから先、パソコンを覚えておけば何かと

便利ですし、自分の将来への投資にもなると思い

さらに他人のせいにはしたくないんですけど

店員さんに「パソコンはソフトを替えられるから

ずっと使える商品ですよ。無駄になりません」

と乗せられて、買ってしまったんです・・・

しかし、苦労して買ったものの

自分の思う通りには行きませんでした

まず表計算ソフトもワープロソフトも

インストールしてありませんでしたので

当時人気だった「一太郎」を買おうとすると

「このパソコンではメモリーが少なくて

ちゃんと動きませんよ」と

メモリーの増設をしろと言われてしまいました

しかし当時のメモリーってとっても高くて

すでにこのパソコンを買って資金のない私には

そうですか、とすぐ買える状態ではありませんでした

さらにインターネットをしようと思っても

当時はまだ電話回線を使用したネットしかなく

自宅からアクセスポイントまで遠いとか

プロバイダーが近くにないからとか

クレジットカードが必要だとか

とにかく何でもダメ出しをされてしまい

結局、基本的な操作を自分なりに覚えただけで

コレと言って何か出来た訳でもなく

その内にWindows98が発売されると

私の新型バソコンは型遅れの旧式と化し

そのまま押入れの奥にしまい込んだままに

なってしまったのです・・・(続く)

 

|

« 遅くなっちゃった・・・ | トップページ | 昨日の続き~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おっ!続くのですね♪

私にとってPCは『何でもできる不思議な箱』でした。
でも、実際、夫が作ってくれたPCは、私にとって、
『ソフトが無ければ役立たずの箱』でした。(^_^;)
そういう物だとは知らなかったのです。
38万円もして、必要最低限のソフトが入っていないというのは、
驚きです。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
夫に聞いてみたところ、「昔はそうだったね」・・・。
んじゃ、何に38万円も払うの~~~?!
何故、そんなに高いの~~~?!
もう、訳がわかりません。。。(ーー;)
そして現在、自分のよく使う物の事は、よくわかるが、
使わない物は全くわからない・・・という、
PCを使えているんだか使えていないんだか・・・状態です。

投稿: 泉 | 2007年11月 5日 (月) 午後 03時37分

泉さん、いつもありがとうございます♪
当時は、Windows95がOSと言うだけで
凄かったんですよ~
標準のペイントとかワードパットはありましたが
その他の便利なソフトは全然インストール
されていませんでした・・・
当時私は、パソコンをOSと言うご飯の入った
お弁当箱だと思いました
ご飯だけでは飽きてしまうので、ソフトと言う
おかずを買って入れなくちゃならない
そんな感じかな?
でもおかずが高いんですよ~、しかもお弁当箱が
小さいから上手く入れられない・・・見たいな
やっぱりお金持ちだったならば
ナンとかなっていたのかな~
所詮、貧乏人の私が買う品物じゃなかったと
言う事ですね・・・
身分相応、身分相応・・・

投稿: mui | 2007年11月 6日 (火) 午前 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416703/8760770

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの思い出:

« 遅くなっちゃった・・・ | トップページ | 昨日の続き~ »